雨曝
ヨゴレ系カブブログ。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダムツーリング
2008年 01月 28日 (月) 01:50 | 編集
ダムツーリング

ダムに行ってきました。
ツーレポなんて初めて書くよ。
久々に日差しが見えた今日は府知事選。
選挙権のない僕には関係なかったのでどこか散歩へ行こうと思った。
ネットをぶらぶらしているとダムの写真に目が行った。
目的地は大滝ダム、デザインも綺麗だし見てみたいな。
行き先決定。距離的にもちょうどいい。

行ってきます
13:00 自宅出発。
早めに出るはずが昼間で寝ていたので昼過ぎ出発となった。


水越トンネル
13:15ごろ R309号 水越トンネル。
富田林→奈良方面へ一番早い道路。
車も少なくトンネルで山をブチ抜いているのでそら快走そのもの。


室のサンクス
13:30 室のサンクスで昼飯。
行く方向の天気見て行き先は変えようと考えてました。
うっすら雪が見えるけどキニシナイ。


吉野口で給油
吉野口駅近くで給油。
バイトの子達に変な目で見られた。

R309をトコトコ走り下市口からR169に変更。
吉野川沿いを走る。桜の時期は渋滞が凄いんだろうが真冬の昼過ぎ。
車はほとんど居ない。

R169
快走快走♪

次第に山間部へ差し掛かるといよいよ寒くなってきた。
手先の冷えがハンパない。目的地までちょっとだし諦めて進む。

大滝ダム
14:30 大滝ダム到着。

ダム湖側
ダム湖側から。

普段は資料館みたいなのが開いてるらしいが冬季は閉鎖中との事。
このダムは最近出来たらしくまだまだきれい。
水が少ないのは渇水ではなく地すべり対策の工事をしているからだそうだ。

大滝ダム湖
ダムで景観が、と言いますが結構僕は好き。
山奥に来ると水がめちゃめちゃきれい。

案内板を見るとダムから2kmで道の駅があるらしい。寒いので向かうことにした。
途中トンネルを抜けると次第に雲が・・・。

しまいには降ってきやがった!
15:10 道の駅杉の湯 川上 到着。
富田林から約50km。
えらい勢いで雪が。本当にここは近畿なんだろうか。

本当に近畿なんでしょうか

写真を撮っていると「原付でこんな中きたのか・・・」みたいな視線を感じた。

いよいよ凍結が怖いので引き返すことに。

走行中の写真撮影は危険です

これ白いの雪。
積もるんじゃねぇか、と思っていたが10分くらいでまた晴れ間が。
山の天気は変わりやすい。

天気も持ち直したしこのまま帰るのもアレだなと走っていると
→津風呂湖 2km
の看板を発見。2キロならいけると津風呂へ。

初めは住宅を縫うように走っていた道も次第に狭くなり林道っぽくなってきた。

林道?いいえk(ry

山奥にはでかいダムがあるはず・・・!

意外と低い
15:35 津風呂ダム 到着。

林道が急カーブすると堤体の上へ通じる道が現れた。
ダムの上か!うっひょう!

昭和のにおいがするぜ!


静かです

対岸には駐車スペースとベンチ。
湖にはモーターボートが浮いており暖かくなれば人が居そうな雰囲気。
今日は僕一人しかなかった。

雨曝はダムサイトです


エンジンを止めると聞こえるのはダムからの排水の音だけ。
実に静か。ここでコーヒー沸かして飲めたら最高だろうな。

寒くなってきたのでそろそろ帰ろう。

提体の上を

林道っぽい道の割にはへこんでる所無く走りやすい道だった。
近場のいいとこを見つけた♪

来た道を引き返し再びR169に。
行きにでかい鉄橋をくぐったので写真に撮ろうと川原に下りてみた。

吉野川
16:30 吉野川橋梁付近
すげぇ透明度。

急行あべの橋行き?

少し待っていると電車が通った。
そう言えば吉野行きの電車あったな。
天王寺からこんな所までごくろうさまです。

日が暮れ始めたのでそろそろ戻りましょう。

寒いねそれはそれは。
R169からR309に入ったとこらへんで。

こんな日に出かけるのは厳しいですよね。

ありゃ降ってるよ

看板の意味がようやく分かりました。こりゃ峠の方は降ってやがる。

R24との交差点を越えいよいよ水越峠へ。
確かに降ってはいるが路面は凍結してない。
よし、もっと上へ行ってみよう。

酷道309

失敗した。
普段はトンネルで抜けるこの峠。旧道は地図で見れば分かるようえらい事に。
いわゆる酷道ってやつです。

R309 祈りの滝
中腹の祈りの滝で小休止。
ここは湧き水が湧いていて今日も2台ほど車が来ていた。寒い中ごくろうさんです。

雪!
普段はドリ族の落としたパーツまみれの広場も今日は真っ白。


R309 水越峠
旧R309 水越峠
普段はハイカーの路駐だらけのここも(以下略

ここからはバスも登ってくる道なので大して積もってもなく市街地へ。

R309

目の前にPLの塔が見え始め見慣れた風景に。

18:00 富田林市 自宅到着。

走行距離:116km


デジカメをいじってたら調子がよくなったので今回レポート作ってみました。
来年度の自主制作もこんなスタイルで行けそうかなと思いました。
スポンサーサイト
Comment
コメントを投稿する
URL 
comment 

password 
secret 
管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 雨曝 all rights reserved. designed by polepole...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。